ハーブティーでアロマテラピー

ペパーミントティー

ペパーミントティーで胃の調子を整えましょう!

 

なんとなく胃がむかむかしたり、食べ過ぎなどで
胃のもたれを感じることは、多くの人が経験していることだと思います。

 

そんな時にはペパーミントティーがおすすめです。

 

一口にミントと言ってもたくさんの種類がありますが、
ペパーミントは最も効用があると言われています。
ペパーミントに含まれる成分には、胃腸や胆のうの働きを促す作用があります。

 

 

また、主な成分であるメントールは、脳の働きを活発化させ、
気分をすっきりさせる効果があるのです。
胃のむかつきや胃もたれ以外には、乗り物酔いなどにも有効です。

 

ポイントは紅茶とブレンドされているものじゃない、*ペパーミント100%であること。

 

紅茶のカフェインが胃のむかつきを増進させることがあるからです。
また、同じシソ科の植物でもあるレモンバームを少量ブレンドすると、
味も香りも飲みやすいものになります。

 

*(ハーブやアロマテラピーの専門店などで手に入ります)

 

お庭やベランダでペパーミントを育てていたら、生の葉がお茶として使えます。
ミント類は栽培しやすくどんどん大きくなりますので、一鉢育ててみるのも良いかもしれません。


ハイビスカスティー

ハイビスカスとローズヒップのお茶には、女性に嬉しい効果がいっぱい!

 

ハーブティーの中に、ひときわ鮮やかな赤いお茶があることをご存知ですか?
ハイビスカスの花のがくを乾燥させたものを用いた、ハイビスカスティーがそれです。
赤は目の疲れを和らげることで知られる「アントシアニン」によるものです。

 

他にも各種ビタミン・ミネラル・クエン酸などを含み、疲労回復効果が期待できますが、
さらにこれにプラスすると、嬉しい効果が高まるハーブがあります。
それがローズヒップです。

 

ローズヒップはレモンの20倍以上のビタミンCを含んでおり、
ストレスや炎症などによって消耗されたビタミンCを速やかに補給してくれます
ので、精神的疲労を感じた時や炎症・発熱などで身体が消耗している時にぴったりです。

 

また、肌の弾力も保ち、メラニン色素の生成を防ぐ効果もあるのです!
美白効果が期待できるハーブティーってわけです♪

 

ハイビスカスティーは酸味が強く、ローズヒップティーにはほのかな甘みがあるので、
ブレンドされたものは効果のみならず、風味もアップします。
飲むときにはちみつを少々入れると、さらに美味しくなりますよ。

 

ぜひあなたのおうちの飲み物のラインナップに加えてくださいね。