効果別のアロマ精油

ローズマリーの精油でスッキリ爽快

ローズマリーの精油で一日をスタート!

 

朝がつらい、頭がボーッとしてすっきりしない…という方にぴったりなのが
「ローズマリーの精油(エッセンシャルオイル)」です。
これを生活に取り入れると、そんな悩みも解消するかもしれません!

 

ローズマリーは、フレッシュで強いグリーンの香りが印象的な、
シソ科のハーブです。生の葉もかなり香りがありますが、
その成分をギュッと凝縮した精油には、さらに強い作用があります。

 

 

ローズマリーの香りの成分には脳に刺激を与え、
記憶力を増進させる効果があります。また精神的な疲れを感じている時には、
心を元気づけ、活力を与えてくれます。

 

この精油を1滴、ティッシュに落として香りをかぐ。それだけで不思議と頭がさえてきます。
目覚ましに熱めのシャワーを利用される方もいるかもしれませんが、
その時にも床に1〜2滴を落として香りを立ち昇らせるようにすると、よりスッキリと目が覚めてくるでしょう。

 

注意点は刺激が強いので、肌に原液がつかないようにすることと、
てんかん・高血圧の方や妊婦の方は使用を避けることです。

 

もしローズマリーの香りがお好みに合わなかったら、
レモンやグレープフルーツ、ペパーミントやユーカリなどでも代用できます、この場合、
効果はローズマリーに比べ、少し弱くなります。

 

一日を気持ちよくスタートさせるために、是非、試してみて下さい!


ティートリーの精油で免疫力アップ

ティートリーはオーストラリア原産で、先住民のアボリジニが万能薬として用いてきたもの。
極めて高い抗菌作用や抗炎症作用を持ち、免疫力を高める作用もある香りとして有名です。
ティートリーに似たものとしては、ユーカリやラベンサラ(ラベンダーと名前が似ていますが、全く違うクスノキ科の植物です)があり、

 

これでも効果が期待できますが、やはり肌に刺激が少ないという意味でも、
女性におすすめなのは、ティートリーになります。

 

ティートリー+マスクで風邪の症状を和らげましょう

 

風邪をひいたら、まずはゆっくり休むことが必要です。ですが仕事などをお休みすることができず、
辛い症状が続いたり時には悪化してしまった経験をお持ちの方も多いはず。そんな時、
ティートリーの精油(エッセンシャルオイル)があれば、これを用いて、咳や鼻水などの症状を和らげることができます。

 

まず、化粧用コットンにティートリーの精油を1〜2滴落として、ティッシュでくるみます。
それをマスクの内側に落ちないように挟み込みます、普段よりもゆっくりめの深い呼吸を心がけて下さい。
少しずつ、鼻が通ってきたり、喉のイガイガ感が和らいでくるのが判るはずです。

 

お部屋でデュフューザーなどを用いて、芳香浴をするのも効果的です。

とは言え風邪に無理は禁物ですので、できるだけ休むことと、
栄養・水分を摂ることも忘れずに心がけてくださいね。

 

もちろん、風邪の症状が長引くようでしたら医療機関を受診することを忘れずに!